MENU

耳鳴りが夜だけひどい〜夜中に鳴りだす原因と解消法

耳鳴りが夜だけひどい時の原因と対策をまとめました。

耳鳴りが起こる原因とはさまざまありますが、多くは
疲れやストレス・加齢から来る場合が多いとされます。

 

その延長上に血栓などの問題もあります。

 

 

最近では若年層の耳鳴りも多く
ストレスから来るものが年々増加傾向にあります。

 

仕事量が増加し時間外労働も増えているからです。

 

 

朝から働いて夕方から夜になると疲れはピークを迎えています。
夜だけ耳鳴りがしたり夜中に鳴りだす場合、日中のストレスによる自律神経系の乱れが考えられます。

 

 

ストレスを受けると
コルチゾールというホルモンが血中に増加し、聴力を司る蝸牛という部分に影響を与えることで耳鳴りを引き起こしているのではないかと言われています。

>>コルチゾール値の低下作用が認められた「耳鳴り対策」蜂の子サプリ

 

コルチゾール値を下げる解消法としては
適度な休息でありストレスを少しでも緩和することが大事です。

 

 

自律神経の乱れはその他にもドライアイや偏頭痛・めまいや立ちくらみ・動悸などももたらします。

 

異常を感じたら早めに病院を受診しましょう。
>>コルチゾールを減らす薬

耳鳴りの音

  • ジーっというせみの鳴くような音の場合は突発性難聴
  • ボーっという低い音は内リンパ水腫

が原因と考えられる場合の音です。

 

 

内リンパ水腫の耳鳴りとはメニエール病のことです。

 

内耳にはリンパ液が流れているのですがこれが増えすぎて水ぶくれ状態となり発生するのです。
からだのバランスを保つ役割を持つ部位でもあり、めまいや吐き気などが伴います。

 

メニエール病(内リンパ水腫)の耳鳴りの治し方

メニエール病とは、内耳の病気で、繰り返しめまい症状が起こります。それに伴って、耳鳴りや難聴も起こる場合が多いです。
内リンパ液が過剰になると、内リンパ水腫になり、この状態によってメニエール病が発症するとされています。
メニエール病の原因は、まだはっきりと判明はしてませんが主に、ストレスや生活習慣の乱れ、風邪をひいてこじらせた延長でなるとも言われています。
症状は、突然回転するめまいが起こります。また、めまいが起こる前に耳鳴りや難聴、詰まったような症状が出るのが特徴です。一度発症すると、繰り返し起こる方が多いです。しかし、繰り返し発症すると、なかなか軽快されにくくなるのも特徴です。めまいや耳鳴りの他、吐き気や冷や汗、動悸などの症状も出てきます。また、夜の静かな状況になると、余計に気になって調子が悪くなってしまいます。
医療機関の聴力検査などで、顕著に難聴が認められます。また検査結果にと問診によって、どの種類のメニエール病かも診断がつきます。メニエール病は完全に治癒することは難しいです。
これらのメニエール病やそれに伴う原因不明の耳鳴りの治し方は、薬物療法がメインとされています。内耳がむくんでいるとされていることから、末梢神経系の薬剤、利尿剤などが使用されます。その他、ストレスが最も大きな原因と言われているので、生活習慣を整えること、なるべくストレスをためないことが一番の治癒する薬でしょう。

>>耳鳴りを繰り返す人が選ぶ「蜂の子サプリ」とは?

 

加齢や自律神経失調症での夜の耳鳴り


加齢や自律神経失調症でよく聞こえるのは、キーンという高い音です。
音によっても原因を探ることはできるのです。

 

 

本人にしか聞こえないものですから他の人が症状に気づくことはありません。

 

適度に水分補給をしたり運動したりすることで解消されるものもありますが、放ったままにしておくと場合によっては難聴につながるケースもあります。
現代医学において、耳の細胞は一度故障すると治すことはできません。

 

 

少しでも異常を感じたら早めに耳鼻科に行った方がよいのです。

 

耳鼻科では、内服薬や注射治療・ステロイド剤の注入などを行なった治療法が行なわれます。

 

 

特にストレスが原因とされるものの場合、マッサージ療法やアロマテラピー・自然療法・音楽療法など体だけでなく心もケアする方法がとられることもあります。自律神経は心身両方に影響を与えているため両方を治療する必要があるのです。

 

 

ただ、夜中など静かな場所でいると何も音が鳴っていないはずなのに一時的に聞こえるというのは一般的な生理現象であり普通のことです。
一時的ではなく永続的に聞こえる場合に注意が必要となるのです。

>>夜に耳鳴り対策サプリメントまとめ

夜の突発性難聴耳鳴りの治し方

突発性難聴耳鳴りとはその言葉どおり、
突発的に耳鳴りになり難聴を引き起こす症状のことです。

 

突発性難聴耳鳴りの特徴

片方の耳だけが聞こえなくなるといった症状です。

 

ただし、近年では片方の耳だけでなく、
両方の耳が聞こえなくなる場合でも
突発性難聴耳鳴りと診断されるようになりました。

 

 

ではこの突発性難聴耳鳴りの治し方とは
いったいどのような方法があるのでしょうか?

 

まず、突発性難聴耳鳴りは昼や夜に関係なく起きるもので
とくにストレスが原因で起きると言われるようになりました。

 

仕事や家事、育児でのストレスでこれを発症する人が多いのも確かですが、
じつは、医学的には正確に解明できていないため、
詳細の原因は不明となっています。

 

そのため、突発性難聴耳鳴りを治す方法は
医学的なアプローチが難しいとされています。

 

以前は、発症から早期のうちにステロイドを処方する
という方法に効果があるとされてきましたが、
今はそういった処方をする医師は少なくなってきています。

 

ただ、医師によってはストレスに注目し、
耳が聞こえなくなった患者に対して、
なるべくストレスを少なくするよう指導している病院もあります。

 

医師にかからずとも、個人でストレスを少なくするような環境にしていくのも
治し方のひとつと言えるのかもしれません。

 

夜の耳鳴り対策サプリまとめ

  • 医者で治っても繰り返す耳鳴り
  • 病院に行けないので、まずはサプリメントを試してみたい

 

医療機関であっても
なかなか原因と治し方が特定しにくいのが耳鳴りです。

 

 

夜の耳鳴り対策サプリメントがいくつか発売されています。

 

ここでは当サイトが

  • 品質
  • 信頼性
  • 口コミ
  • 売上データ
から厳選した耳鳴り対策サプリメントをご紹介します。

 

各サプリメントの公式ホームページを見るだけでも勉強になるかと思います。

 

特に人気なのは蜂の子サプリです。

 

耳鳴り用蜂の子サプリメントまとめ

蜂の子には耳鳴りや聴力の低下に効果があることが確認されています。

 

加えて
夜の耳鳴り原因の1つでもあるストレスホルモン
コルチゾール値の低下
も確認されています。
>>>蜂の子の効果〜正式な実証データはこちらで読めます

 

下記ランキングは売上順になっています。

 

花菜(はんな)の厳選蜂の子

※価格が安くなりました。

【特徴】

  • 1日3粒あたり蜂の子750mg配合
  • クアンソウ(睡眠改善)・イチョウ葉エキス(酸化防止)・ナギイカダ(免疫力UP)も配合

【商品データ】

  • 500名限定キャンペーンあり
  • 割引価格の定期コースでも、いつでも解約・休止できます

>>【花菜(はんな)の厳選蜂の子】を詳しく見てみる

 

蜂の子800

  • 1日4粒あたり蜂の子800mg
  • 特許取得の蜂の飼育法
  • 2段階酵素分解にて低分子化

【商品データ】

  • モニターキャンペーン中

>>【ハチの子800】を詳しく見てみる

 

低分子明澄蜂の子プラスDHA

 

 


一粒1.2cm程です。

 

【特徴】

  • 1日2粒あたり蜂の子1000mg配合
  • 特許製法「低分子化」で99.2%の吸収性
  • 栄養価の高い生後21日めの蜂の子(オス)のみを使用
  • 老人性認知症の予防・改善や生活習慣病の予防に効果的なDHAEPAも配合
  • 70代〜80代でも実感の口コミが多い

【商品データ】

  • 100名限定・初回無料キャンペーン中

 

ピックアップ

蜂の子ではありませんが、第3類医薬品のロスミンローヤルが耳鳴り対策でも選ばれています。

 

もともと
ロスミンローヤルは国内唯一
シワやしみに効果があると認められた医薬品です。

 

ですが。。。

 


その効果効能の中に耳鳴りがあるのです。

 

美容面・耳鳴り面、両方の効果での購入者が増えています。

 

 

1900円キャンペーン中です。
>>https://ainz-tulpe.com/キャンペーン

 

 

その他、耳鳴り対策サプリメント

蜂の子ではありませんが、耳鳴り専用です。

 

美聴泉

 


【特徴】

  • 製薬会社によるサプリメントです
  • 全額返金保証が付いています

>>【美聴泉】を公式サイトで詳しく見てみる

 

静命漢方堂の「耳鳴り・めまいに聴く漢方薬」


【特徴】

  • 医療費控除対象「第2類医薬品」
  • 耳鳴り・めまい専門店
  • 90日の返金保証つき

>>【静命漢方堂】を公式サイトで詳しく見てみる

更新履歴