MENU

早めに対応が必要

聴覚過敏症は、
普段何気なく聞いていた生活音や環境音がとても気になるようになって耳に痛いほど響き、頭の中で大音響で鳴り響くようになってしまう人もいます。

 

不快な音にさらされて、意識することで余計に状態が悪化してしまう人もいるので早めに対応を行うべきです。

 

聴覚過敏症の原因

脳の感度が影響していて精神的な疾患により起きる人がいます。うつ病の症状がみられたり、自閉症のなかでもアスペルガー症候群になった人が特定の音に敏感になったりもします。さらに、内耳障害が影響して症状を発症する人も出ています。特定の栄養素が不足することで、聴覚過敏症が起きる場合もあります。

 

聴覚過敏症の治し方

耳栓などで音を聞かないようにしても根本的な解決にならず、耳栓を外した時に余計に聞こえて状況が悪化してしまう場合があります。補聴器で、耳に入る音をコントロールすることで改善を目指せる人もいます。精神疾患や内耳障害が原因の場合にはそれぞれ元の病気に対する治療を行い、状態が緩和すると治ってくる傾向があります。症状に合わせて抗うつ剤や向精神薬が出されますし、内耳障害は突発性難聴やメニエール病が関連していて、耳内の炎症やストレスの解消、血流の改善などいくつかの対応が必要となり、人によっては完治まで時間がかかってしまうことがあります。また、耳鳴りと同様の治療を行っても改善効果が見られることが分かっています。ビタミンB6が不足すると発症してしまう人もいるので、ビタミン剤が処方される場合もあります。

 

 

聴覚過敏症は対応が困難な病気であるため、できればすぐに適切な対応ができる専門医を受診するべきで、一般的な耳鼻科では十分な対応ができないことがあります。

 

 

夜に音が気になって中々眠れない人は、不眠症などになってしまう前に耳栓などの活用も考えるべきです。

 

 

ずっと耳栓をしたままだと耳の機能が衰えてしまう可能性があるため、寝ている間にだけとどめるようにすべきです。