MENU

夜の低音の耳鳴り〜3つの原因


夜の低音の耳鳴り原因についてですが、主に3つの原因が考えられます。

耳管狭窄症

1つ目は、耳管狭窄症が引き起こす耳鳴りです。

 

耳管狭窄症の耳鳴り特徴とは、たえず耳の中が詰まったような感じになります。

 

イメージとしては、飛行機や新幹線に乗った時に気圧の急激な変化による耳詰まりに近いものがあります。

 

耳管狭窄症になると、耳鳴りや音や声が聞こえづらくなります。

メニエール病

2つ目は、メニエール病の耳鳴りが原因として考えられます。

 

メニエール病の耳鳴り特徴とは耳鳴りや耳が詰まる感じや、音が聞こえづらいなどの症状にめまいなどが繰り返して起こることです。

 

繰り返して起こることでメニエール病の可能性が考えられます。

外リンパ漏

3つ目は、外リンパ漏の耳鳴りが原因と考えられます。

 

外リンパ漏の耳鳴り特徴とは何らかの理由で内耳窓から中耳に外リンパ液が漏れだし、めまいや難聴、耳鳴りを引き起こすことです。

 

ここでいうめまいの特徴としてふらふらしたものが多く、時間を経ると良くなったり悪化したりを繰り返す場合があります。

 

他にも主な原因ではないですが、疲れやストレスが原因で耳鳴りを引き起こす場合があります。

 

人間は朝から働き、夜に疲れのポークを迎えます。

 

神経が過敏になっているので静かな傾向がある夜にちょっとした低音でも耳鳴りを引き起こしてしまう恐れがあります。

 

 

ただ、これはしばらく休めば治るので、体が疲れている証拠であると言えます。

 

また、加齢や血栓が詰まっていることで引き起こされることもあります。

 

 

加齢の場合は、高音を聞き取る能力が衰えると老人性難聴となり、高音での耳鳴りが起こりますが、そもそも高音を聞き取りにくくなっているので、耳鳴りにも気づきません。

 

 

このため、一般的に気になるのは低音での耳鳴りです。

 

 

被害件数も多いです。

 

 

一概に原因を突き止めるのは難しいですが、ポイントとして長時間耳鳴りが続く場合や、めまいを同時に引き起こすなどの症状が出たら、上記の原因のメニエール病か、外リンパ漏れによる耳鳴りの可能性が高いので医者の診断を受けるのが良いでしょう。

 

 

主に内服薬を処方されることになりますが、治らなければ注射で直接体の内部に働きかけます。

 

 

ひどい場合だと何度か通院することになるので、初期症状が比較的浅い段階で一度医者に相談することを心がけるといいでしょう。

 

耳鳴りに対しての直接的な薬はありませんが、
原因になっている病態を治療する形で改善することが可能です。

 

以上が夜の低音の耳鳴りに関して考えられる原因ですが、どれもストレスを感じやすい体になっているのでできることなら意識を耳鳴りからそらすことでさほど感じなくなる場合があります。

 

 

時間をおいても治らなければすぐに医者に通いましょう。